風の丘 樹木葬墓地トップ > 樹木葬とは

【東京都 風の丘樹木葬墓地】樹木葬とは

樹木葬は従来の墓石を必要とするお墓とは異なります。自然葬の一つで、樹木葬は樹木や草花などに囲まれた場所に遺骨を埋葬します。ここでは樹木葬について詳しく説明します。

0800-555-1082  受付時間 9:00〜17:00

樹木葬とは

樹木葬とは、新しいお墓の選択肢です。

樹木葬は今から約17年前、自然保護の一環として、岩手県一関にあるお寺が開設したのが始まりといわれています。従来のお墓のように墓石を必要としないことから、安価であり、さらに緑に囲まれた場所に遺骨を埋葬するため「家族に迷惑をかけたくない」「死後は自然に還りたい」と願う人々から人気が集まり、全国に樹木葬墓地が広まっています。

特長

1自然志向の埋葬方法

樹木葬では墓石を建てず、代わりに花や樹木を植え、自然に近い場所に遺骨を埋葬します。自然葬のひとつとして注目されていますが、「散骨」とは異なります。法律上お墓と認められた場所に埋葬するため、通常の墓石があるお墓と扱いは同じです。

2従来のお墓よりも費用を抑えられる

樹木葬が注目されている理由のひとつに、お求めやすい価格が挙げられます。プランによってさまざまですが、一般的に墓石を持たないため、比較的費用を抑えることができます。風の丘 樹木葬墓地では、永代供養区画に埋葬費、戒名、銘板、位牌を含め、54万円からのプランをご用意しています。

3四季を感じられ、穏やかな気持ちで参拝

樹木葬では、樹木や草花に囲まれて埋葬するため、参拝される方々は季節によって四季折々の景色を感じられます。風の丘 樹木葬なら、緑が溢れる広々とした敷地のなか、心穏やかに故人を想うことができます。

樹木葬の主な種類

里山型

自然に最も近いかたちの樹木葬が里山型です。場所によっては埋葬するたび植樹をし、自然環境の保全にも貢献しています。山深い場所に埋葬するため、墓標がわかりにくく参拝や掃除も大変ですがより自然に還る意味合いが濃い埋葬法です。

公園型

一人一本などの植樹を行わず、寺の境内や霊園内に区画を設け埋葬するのが公園型です。シンボルとなる木の下に合同で眠るタイプや、個々に埋葬するタイプなどさまざまな埋葬法があります。

ガーデニング型

主に霊園や納骨堂ないに区画を設けられ、四季折々の花や植物に囲まれたバルコニーを思わせる場所に埋葬するのがガーデニング型です。スペースに限りがある場所が多いのですが、個々に埋葬するタイプが多く、アクセスしやすいエリアにあるのが特長です。

風の丘樹木葬の形状

遺骨は35cm×35cmの個別区画に骨壺のまま埋葬致します。1区画を使用する最後の方がお亡くなりになってから13年もしくは33年が経過した後、同じ墳墓の中にある合葬墓にお移りいただき、その後永代供養となります。

お問い合わせ・資料請求・見学予約はこちらから

0800-555-1082(永遠に)受付時間9:00~17:00(水曜定休・祝日除く)